なぜ鳩はベランダを好むのか|飛来を防ぐ対策方法

男性

被害にあわないために

鳩

安全と思わせないように

もともと垂直に切り立った崖の中腹に巣を構えていた鳩は、都市の中では団地のベランダや屋上付近が似た環境のため、好んで巣を作ります。鳩は巣の周りに集中的に糞をするため糞害に悩まされることになります。鳩は巣を作ろうとする場所の安全を確認するために、狙いを定めた場所が見えるところに止まって様子を確認します。そのあとに実際に飛来して再確認を行います。そこで安全を確信すると、あとは好き放題に糞をして、巣を作ります。そのため、鳩に巣を作られないためにはその都度で対策を打つ必要があります。まず、向かいのベランダで様子を見ているような場合には、巣を作られないようにベランダをきれいに整理して巣を作りにくくします。ベランダの手すりに留まらないようにテグスを貼って鳩が停まりにくくしてあげます。テグス以外には忌避剤を使う対策もあります。鳩に安全と思わせることができれば、決して被害にあうことはありません。

中途半端はいけません

鳩はとにかく執念深い性格をしています。一度巣を作ったベランダに防鳥ネットを張って中に入れないような対策を施したとしても上手にネットをめくって内部に侵入します。侵入できると更に安全が確認できるため、よりその場所に執着することになります。鳩を駆除するのに殺傷や捕獲は鳥獣保護法によって許されていません。巣に卵や雛がいる場合には、法律的に許可なく巣を移動することもできません。都市部に多い種類のドバトは1年に5回程度卵を産み、子供を育てます。子育てをしている場所は、他のツガイにも安全と見えるため対策をしない限り、どんどん飛来してくる鳩の数は増えてしまいます。まずは、巣を作られないようにベランダに余分な物を置かないようにして、飛来が心配なときには専門家に相談してみると良いでしょう。

危険なハチは退治

白蟻被害

ハチの被害が増えている昨今、家庭用のハチ退治用の殺虫剤が人気です。スズメバチにも対抗出来る強力な毒性と、飛距離が特徴です。ハチの仲間は基本的には刺激をしない限りは刺してきませんが、心配であれば行政や業者に依頼して、近所にハチの巣がないかを調べてもらっても良いでしょう。

読んでみよう

予防策が大切

作業員

死亡する事例で多いのがスズメハチに刺されることによるアナフィラキシーショックによる死亡ですので、ハチに刺されないように気を付けましょう。ハチの巣を退治するのに適した時期は春先ですので、家の周辺や中に巣ができていなかどうかを確認し、もしあれば早めに取り除いておきましょう。

読んでみよう

殺虫剤を使用する

一軒家

ハチは簡単に死なないので、殺虫剤を使用すると、効果があります。ハチを退治するときには、離れた場所から駆除します。素人は、巣があるときや、集団でいるときは、攻撃しないようにして業者に依頼しましょう。

読んでみよう